記事の詳細

なんとなく目に留まって、読み始めた広告。

最初はその商品に興味なんてなかったのに、読み終わる頃には欲しくてしようがなくなり、結局、注文していた。。。

もしかしたら、あなたにもそんな経験があるかもしれません。

なぜでしょうか?

広告の心理技術

文章がうまかったから?

デザインが良かったから?

商品が良かったから?

いいえ、違います。

その広告があなたの心理を把握していたからです。そして、その上で、あなたが行動せざるをえなくなるように巧みにあなたの心理を突いて誘導していたからです。

そして、この「広告の心理技術」が売れる広告を作る上で最も重要なことです。

この心理技術がなければ、どんなにうまい文章を書いても、どんなに美しいデザインを作っても、どんなに商品が良くても、さほど売れることはありません。

逆に言えば、この心理技術を押さえておくことで、そこそこの文章やデザインの広告でも商品は売れてしまいます。

見込み客は、抵抗なくあなたから商品を買うようになってしまいます。

高度なコピーライティングの知識もスキルも必要ありません。

なぜなら、コピーライティングで最も重要な要素は、この消費者の行動心理にこそあるからです。

では、どうすれば消費者の行動心理を学べるのか?

どうすればそれを実際の広告に活かすことができるのか?

そこであなたのお役に立てるのがこの本です。

⇒ 現代広告の心理技術101

なぜなら、この「現代広告の心理技術101」は、著者のドルー・エリック・ホイットマンが、心理学のエキスパートチームからのコンサルティングやそれをもとに得た膨大な数の広告実測データから、広告における消費者心理を明らかにし、そしてそれを活用するための広告技術を実例を交えながら詳細に解説しているからです。

書店では売っていないのにもかかわらず、すでに1万部以上が売れている人気作です。

在庫がなくならないうちに、今すぐチェックしておいてください。

⇒ 現代広告の心理技術101

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る
債務整理の費用